2013年03月17日

渡良瀬遊水地のヨシ焼き ★


藤岡渡良瀬運動公園から入り
目の前でヨシ焼きを見学してきました。
火の色は日本古来の美しい色ですね。

ヨシや枯れ草は燃えますが
水分のある木は燃えません。

何とも表現しがたい世界でした。

灰が飛ぶので帽子は必需品です。
=^^=


**********

渡良瀬遊水地のヨシ焼きは
平成22年まで毎年行われてきましたが
平成23年3月の「東日本大震災による福島原発事故」の影響で
平成23年と平成24年の2年にわたり中止。

ヨシの生育状況が不良となるほか
渡良瀬遊水地でしか見られない
稀少植物についても影響が出ています。

ヨシの生育状況の改善や稀少植物の
保全のためヨシ焼きを再開。

専門家から放射能の人体への影響について
調査して見解をいただいての実施です。

小山市 古河市 野木市 栃木市
灰の拡散を考え 
時間差と範囲を狭めてのヨシ焼きでした。


IMG_0016.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0024.JPG

IMG_0041.JPG

IMG_0046.JPG

IMG_0052.JPG

IMG_0067.JPG

IMG_0060.JPG

IMG_0075.JPG



posted by かすみ草 at 16:19| Comment(2) | おススメ スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログUでは初めましてですね。

ヨシ焼きですか。凄い炎でしょうね。
放射能の関係で2年間中止ですか。色々あるね。
自然の摂理に人間はどう対処したらいいのでしょうか。
まずは自然に逆らわないことでしょうね。
自然界を人間の英知でどう使いこなしていくかですね。
自然エネルギーも今から見直されてくるでしょう。

絵手紙楽しみに待っております。
Posted by 讃岐の夢心 at 2013年03月19日 23:16
夢心さん
コメント ありがとうございます。

近くで見た炎は美しく感じました。
焼野原は不思議な世界です。
そこから新芽が出てくる姿を絵にしたいのですが
頑張ってもダメです^^:

放射能は時が過ぎないと被害が解らないので不安です。
鳥や魚や植物はどうなのでしょう・・・
自然の力は凄い・・何事もなかったかのように
浄化してゆくのでしょうね。

巻紙の言葉 気取ってしまいます(汗)
Posted by かすみ草 at 2013年03月20日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。